+ EthicalVegan +
ContactTwitterFacebook
日本エシカルヴィーガン協会

スタートレックの未来では、人類はヴィーガンに!

2016年5月30日 | news, news-top

スタートレック(Star Trek)は22~24世紀の世界を描いた大人気SF物語。異星人とのコンタクトを通じて私たち人類のあり方を考え直させるような作品となっています。

興味深いことに、ストーリーの中で、未来の人類が「動物の搾取」をどのように考えているかについて語っている箇所があります。

まず、人間がまだ肉を食べているのを見た先進的な異星人からは、このような見下した言葉を浴びせられます。

「あなた達人間というのは、まだ動物の肉を食べていながらも、開化されていると主張なさるのですか?」
“You humans claim to be enlightened, yet you still consume the flesh of animals.”
(”Star Trek: Enterprise” より)

つまり、その時代の先進社会では、動物を食べることが卑しいこととして定着しているということなのです。

別のエピソードで、ライカーはこう言っています。

「我々は、食べるために動物を奴隷にするなどということは、もうしていない。」
“We no longer enslave animals for food purposes.”
(”Star Trek: The Next Generation” より)

更には、動物実験や動物の利用については、このような強い主張も登場します。

「あなたのその行為は自己防衛などではない! その行為は自身の利益のための生命の搾取だ! 我が民は、遠い昔にそれが許されざる行為だと心に決めたのだ。それが科学の進歩のためであってもだ。」
“What you’re doing isn’t self-defence. It’s the exploitation of another species for your own benefit. My people decided a long time ago that that was unacceptable, even in the name of scientific progress.”
(”Star Trek: Voyager” より)

こう見ていくと、スタートレックは実は「ヴィーガン推進映画」なのではないかと思ってしまいますが、それも全く不思議なことではないのです。何故ならば、人間とは本来、人と争いをしたくないし、動物を苦しめたり殺したくないし、自然を愛して生きたいと思っているからです。

何十年後になるかは分かりませんが、ヴィーガンな生き方が楽にできる環境さえ整えば、ヴィーガンが人類のスタンダードになるのは明白です。いち早く、その時代が来るように、皆さんで頑張りましょう!

2 件のコメント

    • 2016-06-02 15:54

    動物を愛し、自然を愛して生きられる世界になるように、一歩一歩頑張りましょう♡

    • 2017-02-16 11:53

    Much thanks again. Want more.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2015 日本エシカルヴィーガン協会